<   2018年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

リモンチェッロ、その後

b0037323_124964.jpg

b0037323_1241043.jpg

無農薬、ノーワックスの国産レモンをたくさん頂いて出来たもの。
①レモンの蜂蜜漬け。
②レモンジャム
③リモンチェッロ

レモンジャムは、間違いなく酸っぱいジャムだ。酸っぱいけど癖になる酸っぱさだ。
蜂蜜漬けは、レモンを輪切りにして蜂蜜に浸せば出来上がり。蜂蜜がみるみるうちにさらさらの液体になる。これがうまい。

リモンチェッロ。レモンの皮をスピリタスに数週間浸けたものに砂糖250グラム、500ccの水を煮て作ったシロップを加えて網で濾したもの。写真が今の状態だ。

しばらくは、冷暗所に保管。その後冷凍庫で保存する。夏にはリモンチェッロ解禁の予定(笑)


平昌オリンピック、男子フィギアの快挙を孫と見ているところ。
羽生、宇野両君の芸術的な演技に魅せられている。
[PR]
by tarutaru953 | 2018-02-19 12:04 | 美術 | Comments(0)

1枚の写真

b0037323_13441468.jpg

b0037323_13441428.jpg

b0037323_13441436.jpg

1枚の銀塩写真が出てきた。
何を隠そう、いや、隠すまい。
正真正銘、自分の半世紀以上遡ったところの写真である。当時は各家庭にカメラなど無かったので自慢げに持ち歩いてる親戚の誰かが、これぞとばかりに撮ったのだろう。
場所は、母親の実家、玄関先だ。物乞い、押し売りお断りの札が何とも時代を象徴している。

FBの友人より無農薬の檸檬をたくさん頂いた。ポーランド産アルコール度数96のウォッカに皮を剥いて漬け込んだ。数週間経つとレモンイエローの「スピリタス」が出来る。砂糖シロップを作って更にひと月ほど熟成させる。夏場、キンキンに冷やしたグラスに炭酸で割って飲むとたいへん旨いらしい。イタリアではリモンチェッロと呼ぶそうだ。

個展に向けて制作中。
時間が足りないのはいつものこと。次第に夜型人間に戻っていく。悪循環と知りつつも直せない。展覧会の会期が3月から4月に若干伸びたとは言うものの2月は淡雪のように消える月だ。

[PR]
by tarutaru953 | 2018-02-06 13:44 | 美術 | Comments(0)

日々是好日、何もない日などない!嬉しい事も悲しいことも・・・


by tarutaru953
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28