電気炉還元焼成

b0037323_1230353.jpg

b0037323_20460620.jpg

b0037323_20472001.jpg


灰立て釉薬と化粧土のテスト焼きです。電気炉ってこんなに楽なんだと今更ながら涙が出るほど嬉しい。しかもマイコンです。早い話、台所にある炊飯釜と変わらないのです。
還元焚きなので950℃頃からガスバーナーを側面の焚き口に突っ込み目標温度到達まで5時間程度。万が一を想定して場所を離れられませんが、
基本、自動運転なのです。

今回はもともとプログラミングされているパターンでなく、自分のガス炉の平均的パターンを設定して焚いています。
焚きながら平行して次の窯の準備をするのですが、これはいつもと同じということで気持ちが作業に集中できるので本当に助かります。

今日も昨日と同じ爽やかな陽気なので助かります。
[PR]
by tarutaru953 | 2017-05-29 12:30 | 美術 | Comments(0)