人気ブログランキング |

手紙

君看双眼色
不語似無憂
b0037323_1211020.jpg


教養がないのを悔いても今更始まらないが、良寛が好んだ詩を聞きかじりで年賀状にしたら
生徒さんからお返事を頂いた。
そこには10文字の詩が書いてあった。
漢字というものは力を持っているもので、だいたい直感で意味は伝わってくる。
ネットでググって、しばし黙考することにした。
便利といえば便利な時代だ。

元はお坊さん、白隠禅師 (江戸中期) の句らしい
それにしても宇宙とはスケールの大きな話だ。
じたばたするなということなのか・・・

(以下引用文1)

さぁ、その眼の色を御覧なさい、何も言わなければ憂いが無いように見えるでしょう。語らないのではなく、語れない、それほどに深い憂い悲しみがあるのです。じっと堪えて、黙っていると眼が澄んでいくのですよ



(引用文2)

千峯雨霽露光冷 (せんぽう あめはれて ろこうすさまじ)
君看双眼色 (きみみよ そうがんのいろ)
不語似無憂(かたらざれば うれいなきににたり)



上の句は、見渡す限りの山々の一本一本の木々の葉が、今あがったばかりの雨の湿り気を帯びて爽やかに、涼やかに、静かな光を発している、そういう光景をうたっている。山水画の光景だ。

しかし、これは同時に禅のさとりの境地でもある。雨が降れば濡れる、晴れれば光る。
融通無碍の世界 (考え方や行動にとらわれるところがなく、自由であること。また、そのさま) 
が詩的情緒を伴って示されている。

白隠の句もやはり 悟りの直証だ。
双眼とは千峯のことだ。おおらかな世界が開かれてゐる。
双眼はひとの眼ではない。
宇宙全体が双眼だ。

不語は「語らざれば」と読みならわしているが、むしろ、不語のままの方がいい。
「不語即ち無憂に似たり」、と読みたい。
語っていないのではない、不語という語りをしているのだ。

千の峯々はそうやって昼も夜も語っている。
それを白隠は不語と読んだ。

憂ひ無きに似る、という句は実にあやしい句だ。誘惑に満ち満ちてゐる。
本当は憂いがあるのだが、何も語らないあなたはまるでそんな風には見えない、誰もがうっかりそう読んでしまう。

そうではないのだ。

そんな風に日常世界のありようを忖度した歌ではない。

「憂ひ無し」と否定文に読むのではなく、「無憂」といふ絶対の肯定、
つまり、至福そのままの姿に似ている、という風に読みたい、いや、読むべきだ。



似るというのは禅の世界のとんでもないものの言い方で、
道元禅師も「魚行いて魚に似たり」と素晴らしい直証をされている。

魚が魚に似るといふ時、主語の魚は我々の知ってゐるあの魚ではない。
千峯を魚と言ってゐる。

双眼を魚ととりあえず呼んでゐる。
大いなるものがとりあえず魚のすがたをかりてこの世のあらゆる存在を和ませているさまを
「魚に似たり」と言っているのだ。

「似無憂」も同様だ。
似るとは大いなるものの働きそのものを指している。
大いなるものはあれ、これ、と指で指し示すことはできない。

我々としては似ているさまを感受するのみだ。

辺り一面に拡がる千の峯々に双眼を見出す眼は、同時に人間の双眼に千の峯々を見出す。
山に眼あり、人に山あり。

そんな風に読んでみると、ぞくぞくするような感動に見舞われた。

Commented by 河西文彦 at 2012-01-15 14:02 x
白隠という名の菜食主義のレストランがあります.禅という宇宙の広さ、お釈迦様の手のひらから逃れられない孫悟空と同じです。
無心に、無我夢中、で生きていけたら 最高です。世の中 何億人の人間が生きているのです。いちいち 人のいう事に 一喜一憂していられません。他人は人、われは我 で生きたいものです。
Commented by tarutaru953 at 2012-01-16 01:56
河西文彦さん、こんばんは
>白隠という名の菜食主義のレストランがあります.

ドイツにですか?菜食主義?白菜がメインかな

>禅という宇宙の広さ、お釈迦様の手のひらから逃れられない孫悟空と同じです。
無心に、無我夢中、で生きていけたら 最高です。世の中 何億人の人間が生きているのです。
いちいち 人のいう事に 一喜一憂していられません。他人は人、われは我 で生きたいものです。

河西さん、おっしゃるとおりですね。なんでも受け入れてくれるのが「禅」の世界でしょうか。
宇宙そのものですよね。そして人間はひたすら素直に謙虚に自己の世界を突き詰めていくと
いつか自我を超越したクリアな世界が見えてくるのかなって思います。
他者と個、自然と人間、宇宙と自分の矛盾の関係は弁証法のようでもあり、相対性理論のようでもあると。
よくわかる、必要はないのでしょうけど感覚的に理解できるところがまた不思議です。
Commented by 河西文彦 at 2012-01-16 04:39 x
アインシュタインの事は知りませんが! この世に「絶対」ということが無いのは 事実だと思います。一切が相対ですね。この世に絶対のイケメン は居ないのさ!と慰めてます。お金持ちだって ミリオネアも居ればビリオネア も居ます。きっと 私より貧乏な人も居るはずです。相対性の実証の最たるものはオリンピックですね。
Commented by tarutaru953 at 2012-01-16 11:34
河西文彦さん、おはようございます

> この世に「絶対」ということが無いのは 事実だと思います。一切が相対ですね。この世に絶対のイケメン は居ないのさ!と慰めてます。

イケメンに生まれてこなければよかったっていつも後悔しています。イケメンは不幸ですもの。いつも自分はイケメンを自覚し演じ続けなければいけない。それだけで疲れました。もうイケメン返上です!
ところでイケメンじゃない河西さんが羨ましいです(笑)

>お金持ちだって ミリオネアも居ればビリオネア も居ます。相対性の実証の最たるものはオリンピックですね。

オリンピックですか。ははあ。
お金って僕はもうお金はこれ以上欲しく有りませんね。(ちょっと無理して言ってますが)
芸能人が売れっ子になって何してるかって、見てても高級車何台も乗って、腕時計して、マンション幾つも持って・・・・女かこって
お金で買えないものがあるのに気がついてなかったりする
名誉や地位だってそうじゃないでしょうか、大したことじゃない

日本人がみっともないのはみんな同じ事やりたがる。かっこわるいったらありゃしないですね。

ああ、一攫千金の儲け話ないかな。。。。
Commented by みっこ at 2012-01-16 12:17 x
う~~ん。。。難しいこと苦手です!!けど、「不語」という言葉、なんだかわかりませんけど好きです。語れない、語るべきでない、語るに及ばない、、、じっと堪えて、、、ですかぁ。。。難しいことですよね。修行いりますね。私は「語り」が好きですものね。でも、自身は・・・というと結構「不語」の世界ももっていたりするかも・・・なぁんてことで「不語」という二文字が焼きついています。
Commented by tarutaru953 at 2012-01-16 18:26
みっこさん、こんにちは
>う~~ん。。。難しいこと苦手です!!

いやあ、自分でも背伸びしなきゃよかったのにって後悔しています(笑)
案外難しく見えることも知ってみると簡単だったりね
難しくするのは簡単で簡単にするのが難しい・・・参りました

Commented by tarutaru953 at 2012-01-16 18:26
(続き)
>けど、「不語」という言葉、なんだかわかりませんけど好きです。
語れない、語るべきでない、語るに及ばない、、、
じっと堪えて、、、ですかぁ。。。難しいことですよね。
修行いりますね。私は「語り」が好きですものね。
でも、自身は・・・というと結構「不語」の世界ももっていたりするかも・・・
なぁんてことで「不語」という二文字が焼きついています。

悟りを開くほどの高僧が師が亡くなった時に号泣したそうです。
まわりにいた僧たちが怪訝な顔をしたら
「俺は悲しんだよ~」って言うとさらに大泣きをしたそうです。
感情をあらわにできるのも人間、むしろ僕はそういう自然な感情の発露、
こんなの好きですけど「どうしようもないこと」「どうにもならないこと」もある。
解説では日常の忖度じゃないのだといってますが、「不語」ね
そうだ、ポーカーフェースの無口な男、何を考えてるかわからない怖い男になろう。
年を重ねるとね、誰にも言えない深い悲しみがあるんだよね(笑)
Commented by 河西文彦 at 2012-01-19 04:42 x
高僧ではない 良寛さん や 一茶に 本当の宇宙(自然)を見ます。癌に冒された高僧が「死にたくない」と言ったとき 人間味を感じました。かつて 山下泰裕が柔道チャンピオンで10連覇した時はあまり 嬉しくなかった。時々負けるのが良い気がする、別に負けるが勝ちとは言わないけれど あまりにスーパーマンは
人間らしくない。釣りも「 釣れてよし釣れんで良し」の心境になりたい。毎日大漁では 退屈??
Commented by tarutaru953 at 2012-01-19 13:49
河西文彦さん、こんにちは
>高僧ではない 良寛さん や 一茶に 本当の宇宙(自然)を見ます。
癌に冒された高僧が「死にたくない」と言ったとき 人間味を感じました。かつて 山下泰裕が柔道チャンピオンで10連覇した時はあまり 嬉しくなかった。時々負けるのが良い気がする、別に負けるが勝ちとは言わないけれど あまりにスーパーマンは
人間らしくない。釣りも「 釣れてよし釣れんで良し」の心境になりたい。毎日大漁では 退屈??

あはは、毎日大漁の退屈感を味わってみたいです(笑)
僕のお世話になった方、永平寺の役職、知客についていた方も
「俺は人に道を説いて悟っていたつもりだったけど病気になって死にたくないと思った」
と言っていたことがありました。
「山(寺)を下りたらステーキを食べに行くんだに(笑)」
とも言って笑わしていました。

Commented by tarutaru953 at 2012-01-19 13:49
続き)
禅というものは人間のための宇宙観であって宇宙そのものではない。重要なことは自然という宇宙の中で
一人ひとりがより自由に解放されて人間らしく生きて行けるための知恵だと思います。
山下は10連覇してある意味で人生終わったのかもしれませんね、
僕は彼のその後の人生の生き方にかかってくるとおもます。
ありがとうございました。
Commented by 河西文彦 at 2012-01-21 05:41 x
山を降りたらステーキを食べに行く!正直者の頭に、神宿るです。
いいナー、永平寺 今度は座禅でも 組んで来るかな。キリスト教の
教会に比べて 仏教が好きなのは 「ユーモア」が在るからです。
だって 丸坊主と言うのがとぼけていて いいですね。
Commented by tarutaru953 at 2012-01-22 11:35
河西文彦 さん、ありがとうございます
永平寺はだいぶん前に行きましたが
精進料理?もなかなかのものでした。
肉はなくてもボリューム感のある食事でした。
座禅、そうですね。いっしょにお伴いたしましょうか(笑)
ユーモアって人間にとって一番最終的に元気をもらえるものだと思います。
同感ですね
by tarutaru953 | 2012-01-15 12:12 | Comments(12)