訪問者

b0037323_13203087.jpg

毎朝の散歩コース。家を出て「りんりんロード
」に沿っておおむね歩いていくが、何しろ農振地域でどこまでも平坦な田園地帯で変化に乏しい。途中から台の上に向かう坂道を通って高低差数十メートルを一気に上がりきる。目の前に落ちた椿の花一輪。朝日を浴びて初々しく語りかけてきた。
# by tarutaru953 | 2019-01-21 13:20 | 美術 | Comments(0)

イノシシ出没?

b0037323_21222539.jpg

b0037323_21222583.jpg

b0037323_21222620.jpg

今年の干支だからイノシシくん、こんな平地まで降りて来て自己主張しているのだろうか?山の上の方では、前に見かけた事があるけれど、食べ物が足りないのだろう。人と野生動物の折り合いが難しい時代なのだろう。突然、出逢ったら君と同様に僕だって驚いて腰を抜かすかも…
# by tarutaru953 | 2019-01-20 21:22 | 美術 | Comments(0)

冬枯れ

b0037323_10513414.jpg



b0037323_10513582.jpg



b0037323_11133691.jpg


b0037323_10513679.jpg
朝の目覚める時間が早くなってきた。華麗なる加齢のせいなのか、早寝のせいなのか。時計の針を見つめながら意を決して床から起き出す。朝の冷気は清々しい。木々の枝先には確実に春を待つ兆しがある。冬枯れの一面に春の匂いが漂っている。
# by tarutaru953 | 2019-01-13 10:51 | 美術 | Comments(0)

初、雑煮

b0037323_23151596.jpg

年末年始と旅に出たので、我が家での正月、初雑煮を作る。
# by tarutaru953 | 2019-01-12 23:15 | 美術 | Comments(0)

-2℃

# by tarutaru953 | 2019-01-10 11:39 | 美術 | Comments(0)

冬の朝

# by tarutaru953 | 2019-01-08 09:50 | 美術 | Comments(0)

謹賀新年

b0037323_2017823.jpg

b0037323_2017860.jpg

b0037323_2017916.jpg

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

箱根、芦ノ湖スカイラインより眺める富士山です。年末、たまたまクリアな富士山を拝むことが出来ました。
# by tarutaru953 | 2019-01-03 20:17 | 美術 | Comments(0)


b0037323_22414606.jpg
 映画は嫌いではない。にもかかわらず映画館に行くのは年に数えるほどだから映画嫌いの輩に入れられてしまうのだろう。
マーチン・スコセッシ監督の「沈黙-Silence」は、江戸時代の長崎キリシタン弾圧をテーマにしたストーリーで深く考えさせられた。
 先日は、話題になった大森立嗣監督「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」を観た。
原作者、森下典子氏が25年にわたって茶道教室で学んだ教訓をエッセーにまとめたものが映画となっている。
森下氏を演ずる黒木華、師匠である「武田のおばさん」役に樹木希林は、名コンビ、名演だと思った。
女優、黒木華のことは、僕はよく知らない。それだけに若い茶道教室「新参者」としてフレッシュな現代娘役にピタリに感じた。
樹木希林は、闘病の痛みを少しも感じさせないうえ、茶の道、人の道を歩いてきた茶人の風格すら漂わせていた。
かつての「時間ですよ~」の「おハマさん」が懐かしい。この映画出演が最後となったのだろうか。
今年も名女優がまた逝ってしまった。
b0037323_23280175.jpg


「日日是好日」(にちにちこれこうじつ)とは、茶の席に掛け物として使われる代表的な禅語だ。
調子に乗って「茶席の禅語」なんて読みかけたが、ただちに沈没!
主人公は、友人が就職、結婚、、、と順風満帆な人生を送っているのに対して自分は、就職も出来ずたいへん焦っていた。そしてやっと実るかと思えた恋愛でもつまずき、失意のどん底に堕ちる。
やがて、そんな時に、自分が習っている「茶」という存在が心の支えになっていることに気づかされる。
また、いつも来る筈の明日、家族と共にいるであろう明日が、突然目の前から消えた。「父の死」という別離が突然、突き付けられ、その現実を受け入れるときに、そこにも「茶」というものの存在があった。

暗い映画館で上映が終わるとパッと明かりがついた。つくばの隣街にあるイオンシネマでは、入場者5人以外ガラガラの空席だった。
映画嫌いというわけではないのだろうけど・・・(-_-;)

世の中には、『すぐわかるもの』と、『すぐにはわからないもの』の二種類がある。すぐわかるものは、一度通り過ぎればそれでいい。けれど、すぐにわからないものは、何度か行ったり来たりするうちに、後になってじわじわとわかりだし、「別もの」に変わっていく。そして、わかるたびに、自分が見ていたのは、全体の中のほんの断片にすぎなかったことに気づかされる
私たちはいつでも、過去を悔んだり、まだ来てもいない未来を思い悩んでいる。
どんなに悩んだところで、所詮、過ぎ去ってしまった日々へ駆け戻ることも、未来に先まわりして準備することも決してできないのに。
過去や未来を思う限り、安心して生きることはできない。
道は一つしかない。
今を味わうことだ。過去も未来もなく、ただこの一瞬に没頭できた時、
人間は自分がさえぎるもののない自由の中で生きていることに気づくのだ・・・。



b0037323_23062520.jpg

つくばのみかん。濃厚な味、酸味が程よく美味しい!







# by tarutaru953 | 2018-11-20 23:41 | Comments(0)

お別れ

個展の後、久し振りの投稿となってしまった。
ひと月なんてあっという間だ。人生もまたそういうものなのか。
何もない日など無く、日替わりで色々なことが起きている。
「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、
久しくとどまりたる試しなし。」
方丈記のくだりを思い出す。

陶芸教室の古株、長老が、急死した。85歳だった。
先週の水曜日には元気でろくろの輪花大皿を仕上げていたというのに・・・
土曜日もことによれば来るかなと思っていたら来なかった。
土曜日、Kさんは、自分の体の異変を感じ、自ら救急車を呼んだようだ。
最期を悟ったのか、医師には延命治療をしないように伝えたという。
7年前に最愛の妻を亡くして毎日線香をあげ、週末には墓参していた。
子供たちはそれぞれ独立して、Kさんは、独居生活を送っていた。
明るく穏やかな人柄で地質学の権威として智と仁、兼ね備えたジェントルマンだった。
教室の生徒さんたちからも人望があった。

陶芸を通してどのくらいの人生をお付き合いさせてもらったのだろう。
日本の地質、世界の鉱物資源などが専門だったのでいろいろなことを教わった。
金砂郷に砂金取りに行ったり、那珂川で川原石を見ながら地殻変動の話、
一日中、石や土を眺めていても飽きることがない点で気が合った。
鉱物としての金について本にしたいと準備していたが、どうなったか。

数年前、動脈瘤の肥大で手術するか否か、迷っていると話をしていた
外科医は、手術を進めるが成功率は、決して高くないようだった。
後遺症で苦しんだり、寝たきりになったりするリスクは回避したいと思ったのだろう。
結果的に手術しなかったことで最後までKさんらしい生き方を全う出来たのだと思う。
生と死、死に方はまさに生き方だと考えさせられる。

生前から決めていたと思われる、戒名は「陶芸院・・・」で始まる。
心の拠り所として陶芸が大きな存在だったこと、関わった者の一人として
感謝したい。「人間を陶冶する。」モノを作ることの意味を噛みしめる。
「天国では陶芸三昧ですね!」
Kさんのご冥福をお祈りいたします。

b0037323_11250717.jpg

斎場にはKさんのスケッチ帳と作品が並べられていた
b0037323_11172471.jpg
b0037323_11174461.jpg
b0037323_11165046.jpg





# by tarutaru953 | 2018-10-24 14:05 | Comments(4)
仙台のfacebook友、書の大沼樵峰先生から手作りのジグソーパズルが届いた。
手紙には「組み立てると立方体になります」とあった。
なるほど何とか完成したけれど、パズルだけあってちょっと僕にも手強かった(汗)
しかも、このピース一つ一つが動物のデザインになっていて心憎い。
孫が生まれた時からの先生直々のお祝いの御申し出で、多忙を押して作ってくださったものだ。

孫は8月末で一歳の誕生日を迎えた。ゆったりした環境の中で大病もせずに日々育っている。
「昨日できなかったことが今日で来ている」
Gちゃんには少々耳が痛い言葉、昨日できたことが今日できなくなってる?
そろそろそんな年齢に差し掛かっているってか?
いずれにしても生きてることは素晴らしいものだと感じたい。
孫は、絵本が大好きで?角のところがかじられて丸まっているようだ。
娘は、本は食べるものではないと教えたいらしいが、本を取り上げれば本嫌いになるのではと迷っているようだ。

教えなくてもそのうち不味いと思うだろう?


b0037323_15415330.jpg

b0037323_15415480.jpg

# by tarutaru953 | 2018-09-27 15:41 | 美術 | Comments(0)

日々是好日、何もない日などない!嬉しい事も悲しいことも・・・


by tarutaru953
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31