美術の森tarutaru953の声 tarutaru95.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日々是好日、何もない日などない!嬉しい事も悲しいことも・・・


by tarutaru953
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

穏やかな彼岸のある日


b0037323_17283481.jpg


 
b0037323_170840.jpg

彼岸の19日、亡き母の納骨が遅れに遅れて、やっと彼岸のこの日に納骨が叶った。
3年の月日が流れていた。
穏やかな春の日に墓参りの人々やマイカーで溢れている、ここ、川崎の墓地の一角。父と長兄の骨も、次兄所有の墓に入った。酒の好きな親子、花の好きな母親ということで華やかで陽気な宴の日々を送ってくれることだろう。
納骨式のあと、久しぶりに甥や姪の家族と会食する。落ち着いた父と母に成長していて頼もしかった。
b0037323_17271219.jpg

これまで既製の寒々とした壺に入っていた骨を自作の壺に入れ換える。骨壺の中には、七人の守護神と森羅万象を表した12本の陶片をいれる。守護神は、遺骨と土を固めて焼いたもの。「転生陶」。
このように神も仏も共存出来てしまう驚きの世界だったりするが、樽沢家には、拘りがない(笑)


b0037323_17274271.jpg
良寛の漢詩を参考に花と蝶をデザインした。有田磁器土、青白磁

花無心招蝶    花 無心にして蝶を招き
  蝶無心尋花    蝶 無心にして花を尋ぬ
  花開時蝶来    花 開く時、蝶来り
  蝶来時花開    蝶 来る時、花開く
  吾亦不知人    吾れも亦人を知らず
  人亦不知吾    人も亦吾れを知らず
  不知従帝則    知らずして帝の則に従う


[PR]
# by tarutaru953 | 2017-03-20 17:00 | 美術 | Comments(2)

宝篋山は雪だ


b0037323_1961518.jpg



b0037323_00264771.jpg


朝から冷たい雨、宝篋山は山頂は白い。烏骨鶏のピーちゃんが数日前にイタチに襲われ、、、絶命した。
娘夫婦が、畑の傍らに植わっているネコヤナギの元に埋めた。来年は、フワフワのピーちゃんのようなネコヤナギが生えてくるに違いない。

鯛のカブト煮。出汁がとてもよく出ています。ごちそうさまでした。蕗と油揚の煮物。春の香り、春を食べました。

信州で食べたカツ丼。九条葱で見えないカツ。前半戦はひたすら九条葱を食べまくります。後半はカツがゴロゴロ出てきます。昭和レトロの店で「だっこちゃん」が懐かしい。
b0037323_00255317.jpg

b0037323_00292639.jpg

[PR]
# by tarutaru953 | 2017-03-15 19:06 | 美術 | Comments(0)

電気炉の引っ越し


b0037323_0395062.jpg

b0037323_0395035.jpg
1999年柳北信製電気炉、扉式(自動焼成装置付)



b0037323_0395169.jpg
Iさんファミリーの体験教室、ご飯茶碗を・・・


b0037323_0395143.jpg
川崎の兄夫婦とYさんの体験作品


b0037323_0395161.jpg
Sさん作、象嵌


b0037323_0395287.jpg
Mさん作、練り込み、釉彩


先月末、急きょ15kwの電気炉の移動が完了した。
電極が三相ということもあり自分の所ではずっと休眠状態だった窯だ。南信州のT工業の一角で新たな歴史が始まることになっている。T工業は、かつて大手電気メーカーのテレビを生産していたらしい。日に1000台近い数を生産をしていたという。現在は、大きく方向転換、建材を製造している。檜の繊維をセメントに混練してドームのような大型建造物の内装から一般住宅の壁面に至るまで全国をシェアに事業展開をしている。エコロジーに適応した商品なので各国からの引き合いがあるらしいが、国内限定、品質本位に拘っている。オーナーは、社員の福利厚生にも気を配る。社員が食べる米を作っている。町の母子家庭にサポートしている。9町歩の田圃にその他野菜も作る。「アグリ」という部門があって農業機械は全て完備。非営利部門だ。その一角に窯が据えられた。
近く陶芸活動が展開していくことになっている。
[PR]
# by tarutaru953 | 2017-03-07 00:39 | 美術 | Comments(0)

料理を楽しむ


b0037323_02135422.jpg
蓮の揚げ饅頭
この「蓮の揚げ饅頭」と「鯖寿司」は東京の教室Hさんによるもの。プロ級のお味を言葉で表現するにも表現力が足りません。
おまけに画像がよくありませんご容赦を。

①ユリ根と蓮根。蓮根を擦り下ろした中に蓮根の角切りとユリ根に片栗粉をまぶして団子にする。塩少々。
②油で揚げる
タレ
①だし汁、みりん、しょうゆ、塩、酒、片栗粉    (他、ニンジン、生姜 昆布、干しシイタケなど好みで)
②大根おろし 好みで盛り付ける


b0037323_02055446.jpg
鯖寿司
鯖は、今が旬のぎりぎりのところだそうです。
食べる前にちょっと焙るのが美味しくいただくコツで、鯖の油がとろっと溶け出して酢飯の表面から香りが立ってうまいそうです。
次回には是非(笑)そういえば「柿の葉寿司」も時々食べたくなりますね。
寿司飯は固めに焚きますが、先日は寿司でもないのに米の水加減を間違えて干飯のように固く炊きあがってしまいました。
噛めば紛れもなく米の味ですが、噛みごたえあり過ぎ(笑)

b0037323_02064255.jpg


銀座あけぼのの桜餅

b0037323_02133292.jpg
アボガドのサラダ

アボガドって中に大きな種が入っていますけど、あれって食べられるんですね。
擦り下ろしたり、ローストしたり、薬効もあるようです。後でググってみますね。




[PR]
# by tarutaru953 | 2017-03-05 14:54 | Comments(0)

第17回 現代の創造展





b0037323_1548291.jpg
飯田線


b0037323_00312995.jpg
飯田市美術博物館

第17回「現代の創造展-飯伊の作家による-」展覧会の搬入で飯田に帰省。今展より飯田出身ということで推薦され会に加わった。
委嘱作家160名という飯伊地区、飯田市美術博物館の催事としては規模が大きい。日本画、洋画、版画、彫刻、工芸、書、コンテンポラリー(現代美術)部門に区分される。工芸は20名ほどと少ない。ちなみに茨城県は窯業地、笠間焼があるので作家は陶芸のみで500人を軽く超えるらしい。搬入当日は、美術館近くのレストランでレセプションパーティー、2次会は、学芸員を交えて5,6人でワインバーに移動。
そういう時の話題となると芸術論になったりするが、自分は、目下のところ自分の世界しか関心事ではなかったりする。フォンタナや草間彌生などよりも「自分の世界」をどのように煮詰めるかだ。今展では「M」というタイトルで4点の集合作品を発表した。Mountainの「M」を意味する。配置をアルファベットМのようにジグザグに、アウトラインを山並に見せた。できるだけ虚飾を避け、シンプルな表現を心がけた。見るアングルによって様々な見え方になる。
釉薬と土をブレンドした材料が特徴で今後も「化粧釉」として展開していきたい。
見えてるようで見えない世界をじっと凝視するのが陶芸というものかと思う。
今月12日17時まで開催。

b0037323_00293846.jpg


[PR]
# by tarutaru953 | 2017-03-04 15:48 | 美術 | Comments(0)

窯出しバレンタインデー


b0037323_135249.jpg

b0037323_1352468.jpg

世間は、バレンタインデーです。男は黙って窯出しです。母の骨壺が、3回忌過ぎてやっと出来上がりました。怒濤の3年でした。書家の花さんに頼まれた陶印も何とか個展に間に合いそうです。肝心の信州飯田美術博物館で開催の「創造展」にも予定の作品が揃いました。
[PR]
# by tarutaru953 | 2017-02-14 13:52 | 未分類 | Comments(0)

ごちそうさま!


 
b0037323_22131283.jpg

鰤の 醤油付け昆布〆
菊芋の味噌漬け





b0037323_22131390.jpg
鯛の昆布〆
山椒の新芽の佃煮
花山椒
b0037323_22131316.jpg
ユリ根とクランベリーのクリームチーズ和え
鰹節の梅肉和え

b0037323_22131452.jpg
北寄貝の炊き込みご飯

今日は、なぜか頂きものが重なる日だった。
いつも気にかけてくださる教室のHさんには、北寄貝のご飯を頂いた。魚介類は好物だけど北寄貝のご飯は初めてだった。
噛むとしっかりした弾力があって海の香りが口の中に広がる。薄味でデリケートな味付けだった。ご馳走様でした。

鯛や鰤(ぶり)の昆布〆は、Facebookで知り合ってリアルにお会いした少ない友人の一人、Oさんに頂いた。
南信州の中川村アンフォルメル美術館の展覧会にご夫婦で来てくださったので感謝の気持ちで粗品を送ったのが
お返しとなった。海老鯛とは、このことだ(笑)
鯛と昆布と山椒は良く合う取り合せだと思った。山椒は、花山椒だ。
Facebookの仲間は、画像での交信は、当たり前なので盛り付けた器を見せなさいとプレッシャーをかけてきた(笑)
窯に点火しながら帰宅直後に盛り付けて画像送信した。そして食事をとった。
最近、インスタグラムでも手前料理をアップするのを日々のノルマにしている。
反応は意外や意外、お褒めの「♥」に気をよくしている。
豚もおだてりゃ木に登る?とかのそれだと思う。

僕の器は、ほんとはこんなもんじゃないんですよ(笑)
とか言って、、、

ご馳走様でした。









[PR]
# by tarutaru953 | 2017-02-11 23:04 | 美術 | Comments(0)