美術の森tarutaru953の声 tarutaru95.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日々是好日、何もない日などない!嬉しい事も悲しいことも・・・


by tarutaru953
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

窯出し


b0037323_20543791.jpg

昨日の電気炉テスト焼きの結果、還元が強すぎました。
灰釉、マット釉、化粧土など正規の還元では、もう少し明るい発色になると思われます。化粧土は、完全に磁器化して白さを失っています。今回の目的からは外れ、×です。赤土の焼締め部分は、炭化して黒くなっています。絵付けの弁柄も黒色です。糠の灰釉、藁の灰釉は、それなりに使えます。黄色の化粧土は、惨敗です。酸化なら発色します。
近日中、リベンジです??
[PR]
# by tarutaru953 | 2017-05-30 20:54 | 未分類 | Comments(0)

電気炉還元焼成


b0037323_1230353.jpg

b0037323_20460620.jpg

b0037323_20472001.jpg


灰立て釉薬と化粧土のテスト焼きです。電気炉ってこんなに楽なんだと今更ながら涙が出るほど嬉しい。しかもマイコンです。早い話、台所にある炊飯釜と変わらないのです。
還元焚きなので950℃頃からガスバーナーを側面の焚き口に突っ込み目標温度到達まで5時間程度。万が一を想定して場所を離れられませんが、
基本、自動運転なのです。

今回はもともとプログラミングされているパターンでなく、自分のガス炉の平均的パターンを設定して焚いています。
焚きながら平行して次の窯の準備をするのですが、これはいつもと同じということで気持ちが作業に集中できるので本当に助かります。

今日も昨日と同じ爽やかな陽気なので助かります。
[PR]
# by tarutaru953 | 2017-05-29 12:30 | 美術 | Comments(0)


b0037323_20585562.jpg

今日も夏日、田植えが終わった田圃が、見渡す限りの湖となって霞ヶ浦に続いている。夕闇が訪れると蛙がいっせいに啼き始める。

なかなか進まない。次女が、笠間の出張の帰りにアイスクリームを土産に寄った。この暑さでは、アイスクリームが、ありがたい。
紙の上に描くようにはいかない。鉄針で彫っていく。これもどうなるのか、ヒヤヒヤものだ。
[PR]
# by tarutaru953 | 2017-05-22 20:58 | 美術 | Comments(0)

夏日


b0037323_1584419.jpg

b0037323_1584491.jpg

このところの夏日、蝉が啼き始めたのではないかと思っていましたら自分の耳鳴り?いやあ、暑いです!
僕は、暑いくらいがちょうどテンションも上がりやすく、快調なんでありがたいのですが、作業的には座りっぱなしの状態です。どうしても運動不足になり易いのです。心掛けてることは、家にいるときは、家の中を歩き回ること、外に出たら階段を上ることにしています。ジムもこの半年以上、休んでしまっています。再開しないと勿体無いのです。
久しぶりに7時間爆睡して元気出ました。
あと、何種類かのカップ、皿のデザインを決めたら素焼きに入れます。
[PR]
# by tarutaru953 | 2017-05-21 15:08 | 未分類 | Comments(0)

話し上手と聞き上手


b0037323_18242797.jpg

一昨日、アップした記事を引っ込めて再度アップです。
「話し上手と聞き上手」のタイトルに加えるなら、やはり「書き上手」と加えなければいけません。
何故なら自分は、そのどれもがなかなかおぼつかないからです。

というわけで本題に戻りますが、立場上、人に何か教えることをしているとマニュアル通りにいかないものだと
感じるわけです。特に美術、特に陶芸ですね。
美術好きは、個性派が多いですから(笑)いろいろな意味でっていうか、人間一人ひとり違いますからね。
それは素晴らしいことだと思っているわけです。
美術は教えるものじゃない、と言われますが、教えなかったら教室として成り立たないわけで(笑)
考え、工夫することを楽しめるまでアドバイスできればいいなと思っていますが、
相手によっては変化球を投げてくる人がいまして、難しい(笑)
楽しむには、三段階くらいあって一番目は、初心者が、とにかく土に触れて嬉々として楽しむということ。
二番目は、ひと通り慣れてプロセスも理解できて自立できた時の楽しさ、三番目はもっと上級になって
個性的に自由な表現の世界で遊べることの楽しみ、三番目の楽しみ方までは、やはり10年20年かかると思いますが。
ちなみに僕は40年、苦しみばかりです。
中には一番目の楽しみ方で満足している方もおりまして、アドバイスが通じない(説明が下手かもしれません)
マイペースはいいのですが、困るとヘルプしてくるのでアドバイスするけれど、その通りやってもらえない。
のですね。そこで「基本」のお話をするわけです。なぜ困るのか、といことについて。
教えることも、うまい具合に行きませんが、そんなこんなで楽しくやるわけです。まとまりませんね(笑)





[PR]
# by tarutaru953 | 2017-05-18 18:24 | 美術 | Comments(0)

b0037323_19153694.jpg

b0037323_19153619.jpg

b0037323_19153740.jpg

b0037323_19153778.jpg

b0037323_19153741.jpg

茨城県つくば美術館では今月9日(火)~14(日)まで、「筑波大学日本画研究室展 ー藤田志朗と学んだ88名の歩みー」が開催されている。
藤田さんは、東京芸大の日本画卒で学生時代、大浦食堂でしばしば見掛けた印象深い方で、少し先輩にあたる。僕が、つくばに陶房を作ってからも何かとご縁があって気に掛けてくださっていた。今回も立派な図録を頂戴した。今日は、会場にちょうどご夫妻もいらっしゃってご挨拶。お嬢さんが沖縄で陶芸家として独立されたとのこと。
楽しみな芸術一家です。
飯田出身の日本画家(創画会)、滝沢具幸さんの後輩にあたる。
[PR]
# by tarutaru953 | 2017-05-11 19:15 | 美術 | Comments(0)


b0037323_12565243.jpg

b0037323_12565277.jpg

いつもアトリエは、音楽が流れている。クラシックかジャズ系が多い。人恋しくなるとラジオ、文化放送を流す。DJ吉田照美さんの辛口ジョッキーのファンだったが、忖度降板で寂しくなった。花がない、感じだ。いや、そうそう、大竹まことさんが穴を埋めてくれていたのだ。
この頃は、その音楽やラジオも聴かないでいる。耳鳴りのような、血液の流れの音なのだろうか。あとは筆を動かすたびにシューシューと素地とで擦れる音が聞こえるのみだ。
静寂の中に自分の意識だけがある。
そんな感じだ。
[PR]
# by tarutaru953 | 2017-05-11 12:56 | 美術 | Comments(0)