美術の森tarutaru953の声 tarutaru95.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日々是好日、何もない日などない!嬉しい事も悲しいことも・・・


by tarutaru953
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

自画像


b0037323_911541.jpg

[PR]
# by tarutaru953 | 2005-04-29 09:11 | Comments(0)

堆積


b0037323_992132.jpg

[PR]
# by tarutaru953 | 2005-04-29 09:08 | Comments(0)

晩景


西は、土手の向こうなのだ。
b0037323_19101088.jpg

犬の散歩が待っている。
[PR]
# by tarutaru953 | 2005-04-28 19:10 | Comments(0)


面白味のない写真。残念ながら行動範囲に限界があるので
家の前の土手から見上げて撮った
カメラがいいってだけの話だ。

この辺りは雲が湧くところなのだろう。
水彩画家の小堀進の描く空と水は素晴らしい。
水郷の風景を、しかも雲を使って空間を演出している。

b0037323_11531865.jpg

写真を撮るというのもただシャッターを押すだけならいつでも何処でもかまわないが
こだわりを持つようになるとそういうわけにはいかないだろう。

努力と忍耐か。
プロの世界とは打って変わった
それにしても贅沢な「遊び」ではある。

昨日は夕日を撮ろうと思って散策したが
一昨日の雨上がりの風景は何処へやら。
アマチュアほど逃した獲物は大きく感じる。
[PR]
# by tarutaru953 | 2005-04-28 11:53 | Comments(0)

ミヤマオダマキと鼠


昨日の朝、アトリエのテレビの上で足跡発見。
鳥ではない獣の足跡だ。
大きさからすると鼠以上猫以下だ。

b0037323_1565389.jpg

おそらく太った鼠に違いない。
鼠がこの所ドッグフード荒らしに来ていた形跡もある。

ドッグフードを餌にネズミ捕りを仕掛ける。
b0037323_1571629.jpg


・・・何時間か後。

案の定、精悍な野鼠がかかる。
「かわいそうだから逃がしてあげようよ」
「そうだね。遠くの原っぱに捨ててこようか」
と家族から神の声が飛んだ。

今朝、数匹の獲物を期待していけば何と、もぬけの空だった。
敵は籠上部の擂鉢状になった穴から脱出したらしい。
また仕掛けることにした。
b0037323_1573589.jpg


ミヤマオダマキの花。
室内で撮る。窓からの直射なのでコントラストがきつい。
なかなか難しいものだ。

きのうの夕方、雨上がりの田園風景はチャンスだった。
「代掻き」が終わって稲田は湖面の鏡となって風景を映している。

連休中は田植えで賑やかになるだろう。
[PR]
# by tarutaru953 | 2005-04-27 14:04 | Comments(1)

花を撮る


カメラがまだ手についてない。
重く感じる。
ダンベル体操を兼ねてそれもいいか
b0037323_10594794.jpg

まあ、いいじゃない
堅いこと言わなくて
じゃんじゃん撮るのよ

b0037323_10595667.jpg

ライフルも
数撃ちゃ当たる。
[PR]
# by tarutaru953 | 2005-04-24 11:09 | Comments(2)

デビュー


よく寝た。
THIS IS NIKON D-70
かなり眩しい日差しの中デビュー。
説明書はまだ見ず。
まずテスト撮影。

b0037323_139715.jpg

ライフルという感触だ。
b0037323_1391733.jpg

[PR]
# by tarutaru953 | 2005-04-23 13:18 | Comments(1)