「ほっ」と。キャンペーン

美術の森tarutaru953の声 tarutaru95.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日々是好日、何もない日などない!嬉しい事も悲しいことも・・・


by tarutaru953
プロフィールを見る

<   2016年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧


煮込み饂飩


b0037323_23323484.jpg

夜になるとかなり冷え込みます。
昨晩の地震でたくさんの方から心配して電話やメールを頂きました。
地響きとともに地底に引き込まれるような、、、ちょっとオーバーですが、そんないつもと違う感覚に陥りました。窯を焚いてる最中で、薪ストーブもカッカッ燃えていました。ちょうど台所でホットケーキを焼いているところでした。
火元が3ヶ所で咄嗟にコンロの火を止めては見たものの、あたふたするばかり。揺れの鎮まるのをただじっと待つが精一杯です。
ふと先日の新潟の大火が頭をよぎりました。そして窯の中の作品達が雪崩のように崩れた様を想像していました。
過ぎてしまえば平穏なものです。今回は被害はなかったのですが、ここ数ヵ月は要注意です。僕の動物的な勘?怪しい勘ですが(笑)
ということで夜はしんしんと冷え込みます。煮込み饂飩です。
饂飩て漢字、覚えられないなあ!
パソコンは益々、頭を悪くします。
そう思いませんか?(笑)
[PR]
by tarutaru953 | 2016-12-29 23:32 | 美術 | Comments(0)

焚き納め




b0037323_10132434.jpg

つくば教室では今年最後の窯焚きになります。
ほとんどが教室の生徒さんの作品です。箸置きから変形させた花器、重ねのきく皿の類いまで、大小様々なので窯詰めはパズルのようです。
窯詰めは、火の回り、釉薬の性質を考えて詰める訳です。ただ詰めればいいと言うものではありません。
夜中0時過ぎに点火して仮眠もとりながら焼成中、炉内(ガス)は400℃を越えました。今回は酸化焼成ですが、予定では20時間後の22時から翌日0時にまたぐかもしれません。
大晦日、窯出しの予定です。

窯焚きは、薪窯の時のような忙しさはありません。燃料が、ガスですからガス圧の調整、空気の流入量の調整など30分毎にチェックする程度です。さすがに900℃過ぎて攻め焚きから1200℃、焚き上げの1280℃辺りまでは頻繁な操作が入ってきます。個展が迫って繁忙期は、焚きながら絵付けや釉掛けをして次の窯の準備をするわけです。眠いけど眠るわけにはいかない状態は、仕事をするか、夜食を食べて口を動かしているか(笑)
今回のように窯焚きに集中出来るときは天国です。頭の中がニュートラルになっています。こんな時に次の作品のアイデアがポッと浮かぶんですね(笑)
素敵な一日を!
b0037323_11180708.jpg

[PR]
by tarutaru953 | 2016-12-28 10:13 | 美術 | Comments(0)

b0037323_125994.jpg

林檎もヨーグルトもそのまま食べるのもいいけれど、今朝は林檎をスライスしてヨーグルトを絡めてみた。
レモン汁、シロップ(無花果のシロップ)柚子ジャムを添えます。サクサクヨーグルトの出来上がり。
素敵な一日を!
[PR]
by tarutaru953 | 2016-12-26 12:05 | 料理 | Comments(0)

classic


b0037323_10574572.jpg

般若心経を彫る。
名刺大サイズに般若心経の300字足らずを彫り入れる。
自分は、どちらかと言えば無宗教に近いけれど神も仏もご都合次第です。そうです。困った時のなんとやら、典型的な日本人のタイプだと思ってます。
般若心経は、空で言えるほど覚えていません。意味も解説を読んでも分かったようで実は分かっていないのだと思います。
ただ、この経文の漢字の並び、読経のリズム感、お経を聴いているとクラシック音楽を聴いているようにスッーと引き込まれて行くんです。讃美歌「O Holy Night」などもそうです。
長い人間の歴史が積み重ねて来たモノには、現代を生きる人間を優しく包み込んでくれる力があるんですね。
素敵な一日を!
[PR]
by tarutaru953 | 2016-12-23 10:57 | 美術 | Comments(2)

野菜サラダ


b0037323_1149634.jpg

手捻りの皿です。鉢でしょうか。藁灰釉が掛かっています。藁の灰は、珪酸を多く含みガラス質を形成し、多くすると乳濁して来ます。

サラダですが、野菜は栄養バランスの為にもできるだけとるようにしています。デパートは、当地には、つくば西武しかありませんが、そこか近所のスーパーカスミ、パルシステム等で買い求めます。311以降は、鮮度もさることながら産地も気になります。国で新たに定めた食品の「安全基準値100bq/kg」は、苦肉の策でハードルを下げたに過ぎないわけで必ずしも安全安心な良策とは言えません。チェルノブイリ事故の教訓のもとに国レベルの厳しいチェック体制を確立してもらいたいですね。大人でさえも10bq/Kg以下と警鐘を鳴らす学者もいるようです。

サラダを盛る器は、やや深めです。野菜は、かさばるので大きめでたっぷりした器が向いています。
ドレッシングが作れるとサラダも美味しく食べられそうです。
今日もよい一日を!

[PR]
by tarutaru953 | 2016-12-20 11:49 | 美術 | Comments(0)

b0037323_1075418.jpg

クリスマスの季節です。クリスチャンではないのですが、クリスマスは子供の頃からウキウキ待ち遠しいものです。白銀の野山にトナカイに乗ったサンタのおじさんが空を飛んでいく風景を想像しています。気がついたらサンタのおじさんの歳になっていました。
そんなわけで薪ストーブの煙突掃除してサンタさんが来るのを待ちます(笑)月2回は掃除は必須です。薪の準備と掃除、この手間を省いてはあの暖かさは得られません。

東京の教室も歳納め、ノンアルコールでお茶会です。折しも生徒さんでT大の名誉教授Iさんが「第一回チャンドラセカール賞」と言うノーベル賞のような世界レベルの科学者に与えられる賞を受賞されて、そのお祝いもできました。
おめでとうございます!


b0037323_1075496.jpg


南信州の地方料理、「五平餅」を作りました
山椒がないのでパセリ、じゃ代用になりませんね(笑)もち米は同級生のT君が育てたものです。
山胡桃と胡麻、信州みそ(田中屋)のタレです。

引用「江戸時代中期頃に木曽・伊那地方の山に暮らす人々によって作られていたものが起源というのが濃厚である。」

b0037323_1075562.jpg
朝鮮人参酒です。
引用(朝鮮半島から中国東北部の原産。
朝鮮人参は古くから著名な薬草で、739年に中国の渤海使が日本の朝廷に進上した記録があるそうです。根の形が人の形に似ているので人参と名付けられました。もともとニンジンという名は薬用の朝鮮人参に由来するもので、野菜のにんじんは別の名で呼ばれていました。
効能としては血糖値降下、不整脈、慢性下痢、強壮、疲労回復、精神安定などによいとされています。)
b0037323_1075512.jpg





[PR]
by tarutaru953 | 2016-12-19 10:07 | 美術 | Comments(0)

あん肝と山芋の酢の物


b0037323_1504333.jpg

蒸したあん肝を頂いた。
粘り芋は南信州阿南町で採れた自然薯のような山芋です。レモンの輪切りをスライスした芋の上に乗せ、あん肝を短冊にしたものを乗せた。ドレッシングを切らしていたので酢とオリーブオイル、浅漬けの素をミックスして出来上がり。グッドテイスト!今晩は日本酒に決めた!
[PR]
by tarutaru953 | 2016-12-19 01:50 | 未分類 | Comments(0)

b0037323_11231533.jpg

ごちそうになります。Hさん、毎度!
西京漬け、鰆だと思います。焼くのが油断してたらちょっと焦がしました。だから少し遠くに(笑)
それから湯葉と百合根、里芋など煮物。湯葉も百合根もしばらく口にしてませんでした。食感もいいです。お味も沁み込んでいます。
紫花豆、これはまた立派!大きいです。完璧に煮てあります。旨い。柔らかく甘味も豆の味が生きています。足元にも及びませんね。
ごちそうさまでした!
[PR]
by tarutaru953 | 2016-12-15 11:23 | 美術 | Comments(0)

pizza party


b0037323_1373235.jpg

b0037323_13732100.jpg

b0037323_1373348.jpg

つくばの教室でMさんのケータリングpizza partyなぅ!
生地からなので味も格別です。陶芸の方は釉掛けです。バケツに入った釉薬は外に置いてあるので氷のように冷たいのです。薪ストーブのある部屋でpizzaを食べると表情もヤンワリ、、、(笑)暮れの窯焚きに間に合いますか(笑)
[PR]
by tarutaru953 | 2016-12-14 13:07 | 美術 | Comments(0)

夕食はナポリタン


b0037323_192795.jpg

朝は、pizzaトースト、野菜サラダ、柿と林檎とヨーグルトに柚子ジャム、コーヒー

昼、なし

夜、ナポリタン、野菜サラダ、コーヒー

コーヒーは一日5杯は飲む。
ヨーグルトにお茶の粉を混ぜてみた抹茶ヨーグルトの出来上がり。味は、不味い。
[PR]
by tarutaru953 | 2016-12-13 19:02 | 未分類 | Comments(0)