美術の森tarutaru953の声 tarutaru95.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日々是好日、何もない日などない!嬉しい事も悲しいことも・・・


by tarutaru953
プロフィールを見る

<   2016年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧


手作りであること


b0037323_8331990.jpg

昨晩は、美味しいワインと無花果のコンポスタを使ったブルスケッタで贅沢なディナーになりました。
無花果は来年、我が家のもので挑戦してみようと思います。Oさんは写真家でももちろんあるのですが、プロのシェフでもあるのです。なのに、あつかましくもレシピをこっそり教えてもらえることになったのです。
林檎の時期だから林檎はどうか伺ったら、品種によっても味加減が微妙とのことでした。自家用ですから近々、ダメもとでやってみようと思います。プロの敷居は相当に高そうですね(笑)
ところで、このラッピングも素晴らしいのでアップしておこうと思います。瓶の中味は、お話しした通り、瓶詰め、ラベル、箱詰め、ラッピング、全てお手製です。
中でも袋とじに使う「チャーム」は、パスタに絵の具で塗って作ったそうです(笑)鹿、ムースは、ご自分のシンボルマークなのです。

手作りであること、それは美の探求でもあるんですね??
[PR]
by tarutaru953 | 2016-11-07 08:33 | 美術 | Comments(0)

b0037323_21524363.jpg

誕生日のお祝いにと素敵なプレゼントが届いた。お世話になっている写真家の友人Oさん、自ら調理したと言う、無花果のコンポスタ。フォアグラのペーストも添えられていた。
Oさんのレシピに従って、バケットを5.6㍉にカット、ガーリックバターを塗り軽くトースト。
フォアグラのパテをのせて無花果のコンポスタ、イタリアンパセリ、レモンスライスのせて出来上がり。

メインは無花果、コンポスタの香りが抜群によい。赤ワインと共に口にすると味の三重奏、四重奏となって広がっていく。
幸せなひととき、ワインが入ると
大船に乗って大海に漕ぎ出すという
癖は治らない。
コンポスタとステーキが合うらしいので次回はそれに挑戦します(笑)



[PR]
by tarutaru953 | 2016-11-06 21:52 | 美術 | Comments(2)

冬支度


b0037323_205470.jpg

昨日から薪ストーブに火が入った。このところ一気に冬到来を思わせる冷え込みで、去年の薪もまもなく底をつきそうだ。冬支度の季節だ。
夕飯は、秋刀魚を焼く。
耳よりな話、ウィンナソーセージを最も美味しく調理する方法を知った。

強火で熱したフライパンにウィンナソーセージと50CCの水を入れ水が無くなるまで炒める。
水で炒めるのが味噌らしい。
早速、秋刀魚でそれをやってみた。
なるほど香ばしさが増したような気がする。水がなくなっても焦げ目がつくまで焼かないとダメ。
何事も挑戦、なのかもしれない。

水で炒める、発想は新しい。
水で走る車があるのだから
水、トレンディ!(笑)
[PR]
by tarutaru953 | 2016-11-03 20:05 | 美術 | Comments(0)

昼は豚骨ラーメン!


b0037323_12244443.jpg

九州福岡から豚骨ラーメンです??
今日の昼は味噌味で!
ラーメン久しぶりです。
[PR]
by tarutaru953 | 2016-11-03 12:24 | 未分類 | Comments(0)

紫花豆


b0037323_0442448.jpg

紫花豆を初めて煮てみた。これが出来れば主夫として一人前だそうだ。
レシピを見るとそれがちゃんと書いてあるのだ。
まずは、8時間以上水に浸けて置くところから始まる。忍耐のいる料理でもある。
あとは煮て終わりだ。
実に簡単だが、2回ほどゆで汁を取り替え50分、30分、10分と捻りが入る。
レシピを見ないで出来れば本物の主夫だが、何度も見る。見ても忘れる。
紫花豆は、北海道特産らしい。豆としたら大豆よりずっと大きい。カナブンやゲンゴロウぐらいの大きさだ。煮る前は、くすんだ紫色をしている。
冷まして味を滲み込ませて完成だ。
星★★★です!甘いかな(笑)
[PR]
by tarutaru953 | 2016-11-03 00:44 | 美術 | Comments(0)

張り合わせ、象嵌


b0037323_0282276.jpg

初心者コース、板作り。固めのタタラをカットして張り合わせる。
信楽赤土ブレンド、瀬戸半磁土
[PR]
by tarutaru953 | 2016-11-03 00:28 | 未分類 | Comments(0)

転生陶


b0037323_923137.jpg

故人の遺骨を「陶」として再生させる。転生陶という供養があるらしい。
両親、兄弟を亡くし、そのお骨を菩提寺より引き取ってしばらくの月日が流れる。
何かと目前の課題に追われたということも理由だが、この手の制作は、小さいながらも魂を込めたいこともあって結果的に後回しになってきた。
試作のまた試作、おおよそのイメージがまとまった。自分の造形は、波のような曲線が基本に表れてくる。
実際には磁土を使う予定でいる。

今日は、朝から雨が降っている、、、

[PR]
by tarutaru953 | 2016-11-01 09:02 | 美術 | Comments(0)

からすみ


b0037323_121595.jpg

からすみと越中大吟醸「風の盆」で今日の締めです。
からすみは、ちょっと炙りました。
塩加減が、ほどよく、贅沢なお味です。大吟醸が格別です。富山のおわら風の盆に魅せられ毎年欠かさず訪れるという友人よりいただきました。
ごちそうさま!
[PR]
by tarutaru953 | 2016-11-01 01:02 | 未分類 | Comments(0)