「ほっ」と。キャンペーン

美術の森tarutaru953の声 tarutaru95.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日々是好日、何もない日などない!嬉しい事も悲しいことも・・・


by tarutaru953
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ:美術( 133 )


窯出しバレンタインデー


b0037323_135249.jpg

b0037323_1352468.jpg

世間は、バレンタインデーです。男は黙って窯出しです。母の骨壺が、3回忌過ぎてやっと出来上がりました。怒濤の3年でした。書家の花さんに頼まれた陶印も何とか個展に間に合いそうです。肝心の信州飯田美術博物館で開催の「創造展」にも予定の作品が揃いました。
[PR]
by tarutaru953 | 2017-02-14 13:52 | 未分類 | Comments(0)

ごちそうさま!


 
b0037323_22131283.jpg

鰤の 醤油付け昆布〆
菊芋の味噌漬け





b0037323_22131390.jpg
鯛の昆布〆
山椒の新芽の佃煮
花山椒
b0037323_22131316.jpg
ユリ根とクランベリーのクリームチーズ和え
鰹節の梅肉和え

b0037323_22131452.jpg
北寄貝の炊き込みご飯

今日は、なぜか頂きものが重なる日だった。
いつも気にかけてくださる教室のHさんには、北寄貝のご飯を頂いた。魚介類は好物だけど北寄貝のご飯は初めてだった。
噛むとしっかりした弾力があって海の香りが口の中に広がる。薄味でデリケートな味付けだった。ご馳走様でした。

鯛や鰤(ぶり)の昆布〆は、Facebookで知り合ってリアルにお会いした少ない友人の一人、Oさんに頂いた。
南信州の中川村アンフォルメル美術館の展覧会にご夫婦で来てくださったので感謝の気持ちで粗品を送ったのが
お返しとなった。海老鯛とは、このことだ(笑)
鯛と昆布と山椒は良く合う取り合せだと思った。山椒は、花山椒だ。
Facebookの仲間は、画像での交信は、当たり前なので盛り付けた器を見せなさいとプレッシャーをかけてきた(笑)
窯に点火しながら帰宅直後に盛り付けて画像送信した。そして食事をとった。
最近、インスタグラムでも手前料理をアップするのを日々のノルマにしている。
反応は意外や意外、お褒めの「♥」に気をよくしている。
豚もおだてりゃ木に登る?とかのそれだと思う。

僕の器は、ほんとはこんなもんじゃないんですよ(笑)
とか言って、、、

ご馳走様でした。









[PR]
by tarutaru953 | 2017-02-11 23:04 | 美術 | Comments(0)

山芋と茸の煮物


b0037323_9153747.jpg

山芋、雑茸、蒟蒻の煮物を作りました。昨日は、大雪警報が出たとか。庭も薄化粧です。寒くて窯詰めも決心しないと始まれません。今月、中旬より始まる信州での作家展に出品する作品が入ってます。目立てが多いのと手の掛け場所がないので窯詰めは、ひと苦労してしまいました。まあ、今後も、淡々と制作を続けていくこと。これしかないですね。もう少しですがねぇ(笑)
[PR]
by tarutaru953 | 2017-02-10 09:15 | 未分類 | Comments(0)

b0037323_11265052.jpg

b0037323_11265079.jpg

練馬在住のSさんより小型電気炉を頂戴いたしました。練馬からつくばまで窯の移動もひと仕事です。後輩のO君の紹介で横浜の石屋さんがやってくれました。作業を見ていると力仕事というよりも頭を使うんだなあとつくづく感心いたしました。
150㎏の窯を荷台から油圧式のジャッキで、段差は板を渡してスロープを作ります。こちらは見てるだけで終了です。
試験用に、上絵用に、その他いろいろ小回りの効く窯のラインナップで窯焚きもストレスがなくなりそうです。大切に使わせていただきます。


b0037323_11265120.jpg
花梨とシナモンの蜂蜜漬け?ヨーグルト。アロエを入れてます。

b0037323_11265183.jpg
娘夫婦の育てた葱。白い部分がほとんどないけど。根がすごい。この生命力をいただきましょう(笑)

b0037323_11265152.jpg
梅のデザイン。鶴屋八幡の砂糖菓子。この季節、いいもんですね。立春を過ぎて光は、ずーっと明るくなったような気がします。
b0037323_11265166.jpg
仙台、鐘崎の牛タン。これはうまい。ちょっと高いですけど。

b0037323_11265199.jpg
あまおう苺大福。何個でもいけます。中はほとんどが苺になっています。

b0037323_11265261.jpg
池袋「硯家」この店はうどん屋で夜は飲み屋に変身します。硯は、オーナーが趣味で集めたようです。書家の大沼樵峰さんの解説によれば左下の「端渓」印、この象嵌でできた部分を偽造する輩がいるそうで、まがい物に気を付けるようにということです。これは、モノ本だと思いますが・・・。


[PR]
by tarutaru953 | 2017-02-06 11:26 | 美術 | Comments(0)

b0037323_13301561.jpg

素麺シリーズ第2段としてイタリアンを目指しました。
味は、マイルドです。麺とのバランスがいまいちかなと思うのですが、素麺の後にイタリアンを食べたと思えば納得できる味です。何事もチャレンジの精神で行きます(笑)
あ、不味かったかなという意味ではありませんのでよろしくです。あはは
[PR]
by tarutaru953 | 2017-01-26 13:30 | 未分類 | Comments(0)

坦々つけ麺


b0037323_21452219.jpg

素麺って夏の食べ物なのか、秋風が立つと途端に食べなくなります。有り難いことに今年もたくさん頂いて冷蔵庫に入っています。しかし、考えてみるとサラダ風にしたり、ご飯の代用として他の副食と合わせればオールシーズン楽しめる食材かもしれませんね。今日の夕飯は、辛口担々麺のつけ麺スタイルにしてみました。見た目、、、もう少し個性的な盛り付けにしたいのですが、今日の場合は、レシピなしの創作料理といくことで味に焦点を絞りました。結果オーライです。
ニンニク、生姜、玉ねぎ、コチジャン、赤唐辛子、豚挽き肉など炒めて、スープを加え、味噌風味、柑橘類、ゴーヤ、シメジ、、、セロリも入れるとよかったかな?
辛さが血行を良くしてくれそうです。
[PR]
by tarutaru953 | 2017-01-24 21:45 | 美術 | Comments(0)

b0037323_1493442.jpg

見た目重視の割りには、さほどにあらず。食べてみると思いの外、旨い!それもそのはずだよ、おっかさん(笑)
何も調理してないんだもん。切って盛っただけなんだ。
国産檸檬を下ろし金で下ろして香ります??
[PR]
by tarutaru953 | 2017-01-23 14:09 | 未分類 | Comments(0)

体験教室


b0037323_10352452.jpg


b0037323_10415956.jpg


昨日は、川崎の兄夫婦と甥の義父ご一行の陶芸体験教室でした。初めてのろくろチャレンジは苦戦の模様(笑)
菊練りは、見込みありそうです。型に押して作るのは、楽そうに見えてもこれはこれでコツがある、、、石膏の型を使ったり石板に押し付けて皿が出来ました。料理をイメージして作るといいですね。厚さが2㎝以上の牛肉を塩麹に浸けて料理するとグレードがアップする話をしてましたから、どうもステーキですね。
国産牛肉は庶民にはハードル高いですか?松坂とか神戸とか?日本酒がいただけて、クラッシックを聴きながら、ナデナデしてもらえる?そんな暮らしは、俺の暮らしよりグレードが高くない?(笑)

[PR]
by tarutaru953 | 2017-01-17 10:35 | 美術 | Comments(2)

赤楽


b0037323_2043365.jpg

楽は1100℃前後で焼くので高火度で焼き締まった陶磁器よりも脆く壊れやすいです。しかし、柔らかな風合いと断熱効果は大きなメリットですね。楽茶碗の出来損ないに緑茶をたっぷり入れて飲んでいます。ミキサーで粉にして抹茶のようにして楽しみます。もちろん有機、無農薬に限ります。贅沢な気分になりました。
[PR]
by tarutaru953 | 2017-01-12 20:43 | 未分類 | Comments(0)

ぜんざい


b0037323_22325986.jpg

b0037323_22325920.jpg

明日は鏡開きだそうです。
餅は、何個でも食べられますが、カロリーが高いので流石に控えなければなりません。10個は、食べられそうですが、2個でニコリしましょう??正月は、雑煮、磯辺巻きと、納豆、安倍川と食べてきました。仕上げはこれです。朝からぜんざいです。娘が作ってくれた小豆、圧力鍋で作ったようです。今回は、はちみつ、きび砂糖を使ったと申しておりました。はちみつはいつも使わないはずなのに今回は試したのでしょう。煮物は、熱い時と冷めた時では、味が変わるのですね。
[PR]
by tarutaru953 | 2017-01-10 22:32 | 未分類 | Comments(0)