目玉焼き

b0037323_1211267.jpg


目玉焼きは、子供の頃、風邪を引いたときぐらいしか食べれなかった。
そのご馳走が、今では、玉子は1日一つまで❗などととり過ぎ制限される時代だ。目玉焼きは、簡単だが、美しい目玉焼きを目指すとなかなか奥が深そうだ。
まず、目玉の名前の通り黄身が白身の中程に来た方が、心地よいだろう。ど真ん中ではいけない。これは趣味の問題に過ぎないが、、、黄身が白くなってはいけない。黄身もちゃんと火が通っていること。
白身がクレーターのようになっているのは、火の加減だろう。玉子は、予め別の容器に割っておいて、あくまでも静かにフライパンに落としてあげなければいけないのだそうだ。
このくそ忙しいのにそんなことしてられるかってんだ!
と言ってはいけないらしい。

巨人、大鵬、目玉焼き は、子供の頃よく言われた言葉で懐かしいが、「阪神、柏戸、社会党」というのもあるそうだ。弱いものの味方?(笑)
http://magazine.shokuikuclub.jp/kitchen/20140310_050042/

[PR]
by tarutaru953 | 2016-10-11 12:11 | 美術 | Comments(0)

日々是好日、何もない日などない!嬉しい事も悲しいことも・・・


by tarutaru953
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31